だらっと駄文

思いつくままに駄文をだらだらと書き殴ります

レディプレイヤー1見てきました。

久しぶりの休日なのです
 
正確には休みはあったのですが色々と用事というか予定を組まれていまして、何もない休みが久しぶりだって話なんだけど!
 
ただ、休み直前になって色々と自分とは関係の無い雑事が舞い込んで来ました。
 
真面目に全部こなそうとすると割とお休み潰れそうなので、とりあえず自分最優先ということで映画を観に来ました。
 
今回チョイスしたのはレディプレイヤー1
 
普段邦画かアニメな私がなんでこれを選んだかといえば仮想空間物でしかもガンダムが出るから!
 
清々しいほどの理由です。
 
しかも今回は満を持して気になってた4D映画で見ようと思い立ち、豊島園までやってきました。
 
往復800円の映画代3200円で合計4000円もの大枚です。
 
でも4D映画はこれで観なければずっと観ない気がして、しかもこれほどアトラクション向けの映画もないでしょう。
 
今月の遊興費予算の大半をつぎ込んでも観る価値はある!
 
コナン君がさみしそうにこっちを見ていましたがスルーしました。
 
それでは簡単な感想行ってみよう!
 
・4DXについて
4D映画は大きく分けて2種類あるようですが、私は今回4DXで視聴しました。他にはTOHO系のMX4Dというのもあるそうです。
ブログで他の人の感想を読んだ感じでは4DXの方が臨場感があるとのことなので(ちなみにMX4Dの方が機能は多彩だけど映画に活かせてないとかなんとか・・・)私は4DXで視聴しました
 
椅子が揺れたり水が出たりスモーク焚かれたりと本当に映画というよりはアトラクション的な感じを受けました。
 
でも、これが映画の中にいるかのような臨場感を生むかといえば個人的には???です。楽しいのは楽しいけどね
 
いわゆるTDL等を含めた映像アトラクションはそれようにだけ作られた空間で、お客さんがいちばん飽きずにドキドキするような計算が施された作品を上映してる訳ですが、一般の映画はそういう基準で作品作ってませんから、どうしても無理があるよね
 
顔に水がかかる演出も1回、2回まではそれなりに楽しめますが、それ以降は正直ちょっと邪魔臭い・・・w
 
手元のボタンで水効果のスイッチオンオフ出来ますが、オフにするのは料金分損するようで何か嫌という訳の分からない理由で最後まで無駄に濡れました。
 
・作品そのものについて

I choose the form of GUNDAM

うん、これだけの為に今回私はこれを見に来たんです。
 
ガンダムサイコー!
 
事前情報はガンダム出るらしいだけだったのですが、見終えた後の感想はスピルバーグって本当に凄いな!でした。
 
一体何十年最前線で物作りしてるのか知りませんが、その時代時代で本当に夢と余韻の残る映画を作れるって凄いなと思います。
 
ネタバレはしない方が良いと思うので詳しくは書きませんけど、複線もしっかり回収しつつMMOやってる人にしたらあるある的な部分もあるし、ゲーム好きアニメ好き、映画好きな人へのプレゼント的な作品です。
 
金出しても惜しくない!って感じの作品でした。
 
もう一回くらい見るか、BDで発売されたら買っちゃうかもしれません。
 
これをPS4のVRとかで見れたらいいのになーと思います。
 
サマーウォーズとかぶる部分もあって、そういう意味でも何時かこういう時代が来たら楽しいかもなーと思います。
 
個人的にはヴァナで遊んでる人達には強くお勧めします。